20120802

「自分用に欲しい」と言っていただき、発売予定になりました

Why is there no natural aroma spray of Japan?

なぜ、日本には天然アロマのスプレーが無いのか?
これだけ日本にはルームスプレーがたくさんの種類があるのに、におい消しばかり、フローラルな香りも合成香料、つまり石油系の香りばかりです。
言い方は悪いですが、トイレの芳香剤の部屋用みたいなものばかりで、天然アロマ成分だけで作られた、安心できるルームスプレーって探してもないですよね。
アロマポットやディフューザーはたくさんあるのになぜ?
答えは簡単、とんでもなく高価なルームスプレーになってしまうから・・・

In Europe, there is a natural aroma spray.

EUには天然アロマスプレーが昔からある
シトラス系のアロマオイルは、芳香だけではなく、殺菌作用もあることはイスタンブールが栄えた時代から有名な話です。レモンのアロマを染み込ませたウエットティッシュや、「コロンヤ」は今でも現地のレストランで衛生上の問題からどこでも使われていますよね。
ちなみに、これがイタリアに伝わって、16~18世紀の街全体が臭かった、風呂にも入らない習慣のパリで発展して、今日の香水、パフュームが生まれたんですよ。

Aroma spray made from mineral water became company's favorite

天然アロマとミネラル水を使ったルームスプレーを会社に持っていったら好評
自分で使っていたものを、ブランネージュで使ってもらったらすごく好評で、あっという間に使い切ってしまった。また、スタッフの方から自分用にも欲しいという声があり、だったら発売しよう。ということになりました。
でも、課題が・・・ 天然アロマを大量に使うからすごくコストが高い

I was told "I hope to buy the item at reasonable price" 
「手ごろな値段で販売して欲しい」という声に応えようと
イタリアから直接、天然アロマオイルを輸入してぎりぎりまでコストを抑えました。シトラス系はもっと安い国がたくさんありますが、どうしてもイタリア産のブラッドオレンジの香りが好きだったので、そこは譲らずにがんばってみました。

I chose low price spray bottle to save costs  コストを抑えるためにボトルは手頃なものを探しまくり
デザインがかっこよいトライアングルのボトルをセレクト。自分で使っているものは、イランイランとジャスミンでミドルからラストはフローラルな香りですが、これではコストが高すぎて、香水を部屋に撒き散らすようなもの、そこはガマンして高価な香料は抑え目に調香する予定です。

No. 1 prototype was designed in Vienna

上の写真は、ウィーンでデザインしたパッケージラベルを張った試作1号
ラベルのデザインは良く出来たかも?、と思っていますが、バランスが悪いのでもうちょっと、ラベルは小さくデザインする予定です。

発売がいつになるか未定ですが、早めに皆さんに使ってもらいたいと思っています。なるべく安く、質の良いイタリア産のアロマをたくさん使った、ちょっと贅沢なルームスプレー。喜んでもらえると、とってもうれしいです。

Designer Kazuhiko Tomiyama